パーテーションの有効性〜ワンフロアのオフィスにて

ミーティングなどは仕切りが欲しくなる

仕切りの無い1つのフロアで働くメリットミーティングなどは仕切りが欲しくなるパーテーションならより働きやすい環境になるのではオフィスにはパーテーションが必要

ぎょっとする私。
なんと緊急会議中でした。
実にばつが悪く、しおしおと退却するのみ。
その他用事がある時も、「今、入っても大丈夫かなあ…?」と不安げに他スタッフに尋ねてまわったりするのも日常茶飯事。
それまでとは違う気遣いが必要となってしまいました。
それよりなにより、看護師チームが独立して様々なルールを作ったりし、周囲は事後に知ることが増え、戸惑いは広がっていきました。
現在は別事業所を立ち上げ人員が分散したために再び同一フロアに戻り、雰囲気もまた戻っているので正直ホッとしているところ。
さて、ここまでいうとワンフロアであることがメリットばかりのようですが、別の問題も感じます。
毎週1、2回小さなミーティング等行うときに少々不自由な思いをしています。
部屋を移動するまでもないけれど、電話の取り次ぎなど遠慮して欲しいと思うようなこと、結構ありますよね。
例えば利用者に関するミニカンファレンス等。
そんな時、「小さな仕切りが欲しいね」とよく声が上がるのです。
現在は職場にパーテーションはないので、試みにホワイトボードを他職種スペースとの間に置いてみました。
すると、余計な干渉は随分少なくなり、自分たちも話に没頭することができるようになったのです。
パーテーションを置くこと自体が、いわば「今は声かけ無用」のサイン。